即日融資と即日振込は同じ意味?

即日融資と即日振込が同じ意味なのかというと、即日融資というのはその日のうちに融資を受ける、つまりお金を借りる事が出来るという事を表しているのに対し、即日振込というのは同じようにその日のうちにお金を受け取るのですが、その融資方法が銀行振込に限定されるという事になります。
そのために即日融資と即日振込は、同じようにその日のうちにお金を受け取るという意味ではありますが、即日カードローンの方が対応方法が限定されていない事になります。

それでは即日振込では無い方法で即日融資を受ける方法としては何があるのかというと、ATMからの借入方法があります。
ATMを利用するためには専用のカードを手に入れる必要があり、カードは郵送で送られてくる場合だと2,3日程度の時間が通常は必要です。
しかし、即日でカードを受け取る方法が無いという訳ではなく、特に消費者金融でならば対応している事が多いのですが、カード発行を無人契約機で行うという方法があります。

最近はインターネットで何時でもどこでも申し込みが可能となっている事が多いのに無人契約機まで行かなくてはならないという欠点が出ていますが、それでもこの方法で即日融資を受ける事には即日融資にはないメリットもあります。
通常は即日振込は平日のみで15時頃までに行う必要があるのですが、ATMの場合は土日や祝日も含めて21時頃にカードの発行を行えば良いので対応可能な時間が即日振込よりも長いのです。